©2019 by NPO法人 B・Basis. Proudly created with Wix.com

IMG_4576.jpg

NPO法人

B・BASIS

子どもたちに楽しく・長く野球をしてもらいたい

子どもたちの野球は

「楽しく遊ぶ」もの

野球の楽しさを教え、投球障害を予防し、楽しく教えられる指導者を増やし、正しく投球障害を判断できる治療家

を増やす。

私たち団体はそんな活動を行なっていきます。

「子ども達は大人が守る!」

それは僕たちの使命です。

 

NPO法人 B・BASISの概要

NPO法人 B・Basisでは、

野球普及・野球肘撲滅運動・指導者セミナー・保護者セミナー・

投球障害専門治療家の育成活動・キャッチボールパークの設立を行なっていきます。


野球というスポーツは、仲間を作り、人生を学ぶことが

できる、子ども達の育成には良いツールです。

その為に

「子ども達に野球を楽しく・長く」続けてもらいたい!


そんな想いで集まった仲間が立ち上げた特定非営利団体です。


大人が変わらなければならない時期が来ている今、子ども達を大人が守っていきましょう!

 

活動内容

解剖学的に負担のない投球指導

子どものうちから解剖学的に負担のない投球動作を獲得することが野球を長く続ける第一歩です。
子ども達も指導者も、お父さんお母さんにも理解をしてもらえるよう
元プロ野球選手(加藤康介)や野球経験者の治療家が投球指導をしていきます。

IMG_3160.JPG

投球指導風景

57703196_2369589866632266_71405029420076

加藤康介の実演指導

 

超音波画像装置を使用した野球肘検査活動

野球肘が疑われる子には、

医療機関(専門ドクター)での検査を促し

治療を勧めます。

  

54410691_1387448041397291_80380058811425
 

指導者セミナー活動

投球障害の説明や解剖学的に負担のない投げ方指導

指導者の方には、正しい情報を提供し考えていただきます。
「将来ある子ども達を守れるのは、指導者!」

 

キャッチボールパーク設立

企業・行政にご協力!

「子ども達にボールで遊ぶ楽しさを!」

キャッチボールも禁止になっている公園が多く、子ども達がボールに触れる機会が少なくなってきています。

そこで、B・Basisでは、行政と企業にご協力していただき空き地に企業協賛キャッチボールパークを設立していきます。

 
Two Men Shaking Hands

役員・お問い合わせ先

  

  • 代表  小野 博道 (ほんくげ接骨院 院長)      

  • 副代表 加藤 康介 (元プロ野球選手 ロッテーオリックスー横浜ー阪神)

  • 理事  田中 章仁 (田中會計事務所 税理士)     

  • 理事  薩美 良太郎(カナメ整骨院 院長)       

  • 理事  山下 直彦 (鍼灸師)             

日本、〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼4丁目7−9
ほんくげ接骨院内

Tell : 0466-47-6829

Fax:0466-47-6829

スクリーンショット 2019-02-20 10.26.44.png
 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now